NEW BLOG

こんにちは、イシカワです。

この度、アメブロとは別に新しくブログを開設しました。
こちらでは、以前にもましてアパレル業界の現場で働く販売員視点での情報を発信していこうと考えています。

特に、最近販売員として店頭に立つようになった方、
また、ある程度経験を積み店長として店舗運営されている方、
目まぐるしく変わる業界に対して感じている事等を発信していくつもりです。

自分が当たり前だと思っていたことが、決して当たり前ではない。

つい最近、自店でも新しく配属になった販売員を受け持つことになりました。

アパレル販売員の経験はなく、これから経験やスキルをつけていってもらう段階で、
話しをしていっている節で、自分が当たり前だと考えていたことが、
決して当たり前ではないと感じることがもうすでに数回ありました。

自分の知識やスキルは、新人スタッフにとっては大切な情報源なわけですよね。
販売スキル、業務手続きや社会的なルール
どれもが、必要になってくるモノです。

このあたりは、誰もが容易に思っていることですが、
これが当てはまるのは、果たして新人販売員だけでしょうか?

いつも同じコミュニティに属しているこの業界でいうと、
同じ社内の人、同じ館の人等との繋がりだけで長く仕事をやりくりしている
販売員の人にも割と当てはまる部分はあるのではないかと僕は考えています。

だって、何年か勤続していると感じたことありませんか?
このままやってても自分のスキルに限界を感じたりしたことを。
現状の身の回りで起こる経験だけでは、太刀打ちいかない壁にぶち当たったりしたこととかないですか?

必要なのは、現場で起きているより多くの情報とそれをインプットしたのちのアウトプットです。

入社したばかりのうちは、
周りの人達、上司のアドバイスで凌げる部分も多いと思いますが、
中堅スタッフになり、ある程度仕事に慣れてきてもなかなか結果が出せないことないですか?

現状の情報だけでは、挽回することが難しい
そういった販売員の「きっかけ」にすることができればと思いこのブログを開設しました。
人それぞれ思うことや意見もあるかとは思いますが、何卒宜しくお願い致します。